top of page

【活動報告】2024年1月13日(土)ボードゲーム会

2024年1月1回目のボードゲーム会の活動報告です。


場所は「浜松市県居協働センター 講座室」、時間は「13時半〜19時半」で行ないました。


今回の参加者は計9名で内訳は【大人:8名、子供:1名】でした。

みなさまご参加ありがとうございました。

今年最初のボードゲーム会でした。


今回遊ばれていたゲームは、

 ・宝石の煌き:ポケモンver

 ・ドブルくん福笑い(参加者さん自作)

 ・ワンス・アポン・ア・タイム

 ・バグループ(参加者さん持ち込み)

 ・ジャックたちと豆の木レース

 ・ラビリンス(参加者さん持ち込み)

 ・シャッフルヒットメーカー(参加者さん自作)

 ・ドラゴンを救え

 ・ヘクス&ホップ

 ・ブロックストライゴン

 ・犯人は踊る

でした。



●宝石の煌き:ポケモンver

各種モンスターボールを集めてポケモンをゲットし、勝利得点を目指すゲームです。

条件が合えば自分のゲットしたポケモンが進化することも。

だんだんとモンスターボールを集めなくてもゲットできていくのがいいですね。

結果は進化をうまく繋げていった方が優勝しました。



●ドブルくん福笑い(参加者さん自作)

ドブルくん(ドブルという2枚のカードを見比べて共通のイラストを探すゲームのキャラクター)の顔でする福笑いらしいです。

主宰は遊べず。

口が落下したとのこと。



●ワンス・アポン・ア・タイム

各々に配られた結末カードで終わるように物語を作っていくゲームです。

物語は協力して作っていくのですが、その物語を終わらせられるのは、手持ちのカードを出し切った時にその人が持つ結末で締めくくれるときのみ。うまく話を繋げて自分の結末に導こう。

今回の物語の概要です。

「指輪を守っていた巨人。その指輪を取ってきた王は呪いにかかり、家臣に次々と悪さをされましたが、料理人が呪いを治して、悪さをしていた人たちは井戸に放り込まれましたとさ」

カオスな物語でした。みんなでどんどん話が繋がっていくのが面白かったと参加者さんは仰っていました。



●バグループ(参加者さん持ち込み)

単純なすごろくゲームです。ただし特殊なのは動くGが出てくるとボードにある駒を蹴散らしていくこと。蹴散らされた駒は振り出しに戻ります。Gが去ったらゲーム再開。各自3つある駒を全てをいち早くゴールにたどり着かせた人の勝ちです。

Gがなかなか出ないと思っていたら、連続で出現し始めたりとそれが面白く、盛り上がったようです。



●ジャックたちと豆の木レース

地上のそれぞれの豆から茎を伸ばし、空高くにある巨人の家を目指して金の卵やハープを持って帰ってくるゲームです。斧や松明で他の人を邪魔したり、襲ってくる巨人から逃げたりもします。

カードの使い方はお邪魔者というゲームに近いところがあるでしょうか。

結果は2ラウンド連続でハープをゲットした方の勝ち。

主宰は妨害ばかりしてましたが、敵を作らないほうが勝てるゲームなのでしょう。



●ラビリンス(参加者さん持ち込み)

床タイルをスライドさせ動かして、自分の目指すアイテムへの道を作るゲームです。

青が最初から順調にお宝ゲットして優勝。緑が後を追いました。

赤と黄色は最初の1枚がなかなかクリア出来ず、そのまま苦戦を強いられていたようです……。


●シャッフルヒットメーカー(参加者さん自作)

数々の見たことのある単語を組み合わせて、売れそうなお菓子のタイトルを作るゲームです。

以前より追加されたカード「男」と「期間限定」カードが活躍してました。



●ドラゴンを救え

砦に捕まったドラゴンを救うため、砦への階段を登っていくゲームです。

ときどき転がってくる巨大な石を避けたりして、いち早く砦に侵入しましょう。

落石したとき、全員を巻き込んで落ちたり、逆に誰も巻き込まなかったり、そんなこんながあってもあっさりと勝者が決まりました。



●ヘクス&ホップ

4色の色で6分割され塗り分けられている六角形のタイルを、2辺以上が同じ色になるようにカード同士をくっつけていくゲームです。いち早く手持ちのタイルをなくした人が勝ち。

2組に分かれて全員がプレイ。

3辺以上だと誰かに自分のタイルを押し付けられますが、なかなかそういうことは起こらず、2辺で置いたほうが早いねということが今回の結論でした。

接戦だとそうなるかもですね。あとみんな腕が邪魔!



●ブロックストライゴン

三角形のブロックで繋がったピース同士の角と角を繋げていき、ボード上により多くの自分のピースを置けた人が勝ちの陣取りゲームです。

トライゴンは全置き出来るイメージだったのですが、なかなかお互いに邪魔し合ったのか誰も全置きは出来ませんでした。という感想をいただきました。


●犯人は踊る

誰が犯人のカードを持っているか暴くゲームです。ただし順にカードを出すたびに手持ちのカードがぐるぐる回っていくので、最終的に誰が犯人になるかはわかりません。

4周目までに探偵カードを出した人が犯人を見つけられればみんなの勝ち、4周目に犯人カードを持っている人が出せたら犯人の勝ちになります。

今回は犬が連れ去られたりもふもふになって帰ってきたりと災難に見舞われた回でした。



今回のアンケートの回答者は7名でした。

今回のベストボードゲームは「ヘクス&ホップ」が2票、「ワンス・アポン・ア・タイム」「バグループ」「ラビリンス」「シャッフルヒットメーカー」「ブロックストライゴン」が1票ずつでした。

遊んで楽しかったゲームは「シャッフルヒットメーカー」がダントツの1位でした。


次回以降また遊びたいと思われているゲームは「シャッフルヒットメーカー」「ヘクス&ホップ」「宝石の煌き:ポケモンver」が多かったです。


次回以降のリクエストは、

「街コロ(1/13)」「テイク・イット・イージー(1/13)」です。


前回までの持ち越しゲームを持っていきます。

「ねこのて(12/16)」「ベガス(12/16)」

リクエストから一定期間経過したものは取り消しとしていますので、遊びたかったよという方は再度リクエストしてください。


次回のボードゲーム会は2024年1月27日(土)の13時半〜19時半、場所は浜松市県居協働センター講座室での開催です。


※次回以降の持ち込みリクエストも受け付けています(ゲーム名がわからなくてもざっくりこんなものを遊びたいでも構いません)。 ⇒ リクエストはこちら


この活動報告は、参加者さんから写真やレポートなどを提供していただき、その情報をもとに作成しています。

いつもご協力ありがとうございます。

閲覧数:32回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page